あきらんど

兵庫県に在住の兄弟2人で書いてます。ジャンル問わず書きますので気になったら読んでみて下さい!

コードの断線が続く人には「ケーブルバイト かみつきフィギュア」をおすすめします!

みなさんこんにちは!

 

最近、鼻水と咳が止まらない弟です。

このままだと鼻水で溺れてしまう可能性があるので、シュノーケルを買おうか検討中です。

 

ということで、今回は

ケーブルバイト かみつきフィギュア

をご紹介します。

 

f:id:fusion2003:20191014031853j:image

めちゃめちゃボロボロです笑

 

 

このカバの名前はマモルといいます。

(お察しの通りコードを守るから

 

 

出会いのきっかけ

 

 

これはさかのぼること、2年・・・

大雪の中、僕は車を走らせロフトに向かった。

大雪だとゆうのに、お客さんはたくさんいた。

 

人々の会話で、自分たちの会話が聞こえない中ある声だけが耳に入った。

 

「僕を買ってよ・・・」

 

振り向くとそこに、カバのかみつきフィギュア(マモル)がいた。

 

マモル「僕を買ってよ・・・」

 

おいら「ん・・・」

 

マモル「僕の声が聞こえるの??」

 

おいら「あぁ・・・」

 

マモル「これってもしかして」

 

おいら「イエス

 

マモル・おいら「フォーリンラブ

 

そうして僕は、マモルを抱きかかえ、レジへ向かった。

 

 

※この話はフィクションです。

 

 

本当の購入理由

 

マモルを見てもらったらわかるよう、

僕は物持ちが悪いです(;´∀`)

月に一度はコードを買い換えていました。

 

恐らくの、原因は夜寝る前のスマホいじりです。

寝るとき充電しながらスマホをいじり、寝返りをうちまくり、コードをこれでもかといじめてしまっていたのがダメだった思われます。

 

そう考えているときに、テレビで紹介されていたので試しに購入しました。

 

 

結果

 

これをつけ始めてから約2年間、コードは1度しか買い替えていません!

買い替えとるんかい!

 

ですが、かなり効果はあると思います。

 

 

まとめ

 

かなりおすすめの商品です

値段もお手頃ですし、なによりかわいいです!

 

いろんな種類を買って、連続してつけている人もいるそうです。

 

個人的には「カバ」「カエル」「ブタ」のかみつきフィギュアで迷いました笑

 

ただ、つけ始めはかなり気になります

 

 

お買い求めの際は

↓↓↓

 

P.S. この記事は真顔で書きました(・_・)

 

この記事がよかったら読者登録お願いします!

 

 

大容量で小型の最強モバイルバッテリーをレビュー Anker PwoerCore 10000

みなさんこんにちは!

兄です!笑

だからなんやねんってなると思いながら書いてます。

 

今回は僕がおすすめする

Ankerのモバイルバッテリー

の紹介をしたいと思います!

このバッテリーははじめて家族でキャンプに行った時に

「おい!全然バッテリーの容量足らんやんけ!」

となって急いで購入したモバイルバッテリーになります。

 

 

Anker PowerCore 10000

 

最近のAnkerは素晴らしい製品を矢継ぎ早に発売しています!

今回のモバイルバッテリーは大容量なのに小型。

もちろんiPhoneiPadも高速でたっぷりと充電できます。

もちろん他のスマホやPCでもしっかりと充電できます。

手のひらサイズの大きさなので毎日持ち運ぶのに最適な大きさになります。

 

部下を持ったら読みたい本(書籍)上司の方におすすめの一冊!

みなさんこんにちは!

 

今回は兄が個人的がおすすめする部下を持ったらよんでほしい本を紹介します

実は僕は勉強は出来ませんが、仕事はしっかり頑張る人間で

以前勤めていた中小企業では、15年の会社の歴史で最短の

9ヶ月でリーダーに昇進しました。

現在勤めている会社での役職は専務取締役という役職で働いています。

そんな自慢はどうでも良いのですが、そんなぐっさんが

読んで実践しているおすすめの本を紹介したいと思います。

 

本の題名は

「任せ方の教科書」
になります。

正式には

「部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書「プレーイング・マネージャー」になってはいけない
です。

 

書いたのは「出口 治明」さんです。

ライフネット生命 代表取締役会長 兼 CEOの方になります。

 

内容ですが

第1章     上司になったら「任せるしくみ」をつくりなさい

第2章     デキるリーダーは常に「いい任せ方」をしている

第3章      「プレーイング・マネージャー」になってはいけない

第4章      この上司で「チームの実力」を一気に上げる

第5章      「時間を殖やす」「成果を殖やす」人材マネジメント

以上の内容で構成されています。

 

 

 

上記を見てもらったら分かる通り、上司の方向けに書かれてます。

僕も実際にそうでしたが、自分の力で上司の座に就いたとしても

仕事が割と出来ても、マネジメントが出来なかったら全くチームとしての

成果が上がりませんよね。

僕は実際に始めて部下を持って、大きな壁にぶち当たりました。

この本を読んで考え方を参考にさせてもらったら

徐々に成果として現れたので実証済みです!

この本で特に響いたことは

的確な指示を出すための4つの条件

条件1 期限

条件2 優先順位

条件3 仕事の背景

条件4 要求レベル

ということです!

個人的にはかなり重要なポイントなので是非、熟読してください。

あとは

部下の仕事が「60点」なら“合格点を与えなければならない”

というところです。

これは部下との関係や仕事ぶりに悩んでる方に是非読んでほしいポイントです。

正直僕も自分の上司と部下の板挟み状態でかなり自分を追い込んでいた時期も

ありました。

僕はこの本を読んで気持ちがラクになりました。

実践することで成果にも繋がったので、是非読んで欲しい一冊です。

 

 

まとめ
この本は出口治明さんというライフネット生命代表取締役会長 兼 CEOの方が

書かれています。

60歳で起業されてそこから最強チームをつくりあげた

「マネジメントの原理原則」について詳しく書かれております。

夫婦間やお子さんにお願い事をする際にも実践出来る情報が

たくさん書かれてるので僕も何度も読み返しています。

勉強は出来ないけど専務取締役にまでなった僕の

本気でおすすめしたい一冊です。

 

 

購入はこちら

↓↓↓

 

お父さんお母さんに読んでほしい本(書籍)読みやすく読書初心者の方にもおすすめ!

みなさんこんにちは!

腰痛が辛い兄です!

 

今回はおすすめというより、読んで面白かった本を紹介したいと思います。

本の題名は

強く生きていくために あなたに伝えたいこと
です。

f:id:fusion2003:20191009000137j:image

この本を書いたのは「野々村 友紀子さん」です。

ご存知の方も多いと思いますが

「二丁拳銃の修士さんの奥さん」です。

僕は「今夜くらべてみました」と「人生がか変わる1分間の深イイ話」という番組でこの本をしり

面白そうだなと思ってこの本を読みました。

 

本の内容ですが

第1章   強く、魅力的に生きるために 「考えるな」「寝ろ」の章

第2章   強く、しっかり生きるために 「パンツのタグはむしるな」の章

第3章   強く、幸せに生きるために 「好きな人に頼まれても変な写真は撮るな」の章

第4章   強く、人生を生き抜くために 「川に気をつけなさい」の章

以上の内容で構成されてます。

 

目次を読むとちょっとふざけた内容に見えますが、結構真面目な内容も

記されています。

この本は野々村友紀子さんが娘さん達にために書き綴っていた

「ノート」が元になっています。

1ページにひとつのテーマで書かれており

飽きることなくスラスラ読めてしまいます。

適当に開いてそのページについて、しっかり考えるのも

面白いかもしれません。

僕にも3人の娘がいますが、人として当たり前のことを大事にしてほしい。

強く生きてほしいという思いは、強くあります。

この本では、野々村友紀子さんが生きていくうえで大切だと思うことを

日々書きためたノートが元になっているので、お父さんお母さんの方は

特に共感出来る内容が多いかもしれません。

僕も実際そうですが、子供達に伝えたいことってその場で伝えないと忘れてしまう

ことが多いと思います。

かといって野々村友紀子さんのようにノートに書き綴っている方って

かなり少ないんじゃないかなと感じてます。

口で言ったことがどれだけ我が子の心に響いてるかはわかりませんが

この「ノート」や本のように読み返すことができれば

ひとつひとつの言葉がより深みを持つそんな風に感じました。

 

 

まとめ
まずすごく読みやすいので、あまり読書しない方や

まず本を読む練習をしたい人にもおすすめです!

僕、個人的には誰にでもに読んでもらえて、共感出来る内容が多いと感じました。

親御さんなら、一度はお子さんに行ったことのある言葉

お子さんなら、親御さんから言われたことのある言葉

そんな当たり前のことも書いてますが、ぜひその言葉の真意

を感じてもらえればと思います。

 

 

購入はこちら

↓↓↓

嫌われる勇気という本(書籍)をご紹介(感想とネタバレもあります)

みなさんこんにちは!

 

嫌われる勇気

を読みましたので紹介します。

 

f:id:fusion2003:20191011034256p:image

 

 

フロイトユングと並ぶ「心理学三大巨頭」のルフレット・アドラーの思考を一冊に凝縮した本です。

 

 

本の構成

 

第一夜 トラウマを否定せよ

第二夜 すべての悩みは対人関係

第三夜 他社の課題を切り捨てる

第四夜 世界の中心はどこにあるか

第五夜 「いま、ここ」を真剣に生きる

 

以上で、構成されています。

 

 

 

今回は、心理学の巨頭「ルフレット・アドラー」の考えで特に人に伝えたくなった、内容を二個書きたいと思います。

 

 

 

原因論」の否定

 

本を読み始めてすぐに、「原因論」を否定しています。

人は、過去の「原因」ではなく、いまの「目的」を果たすために行動しているという考え方がアドラー心理学です。

 

具体的に言えば、現在家に引きこもっている人がいるとします。

 

原因論」でとらえれば、過去に何かしらのトラウマが原因で外に出れなくなってしまったと考えるでしょう。

 

ですが、「目的論」では、家の中にいる、外に出ないという目的を達成するために、引きこもっていると考えられています。

掘り下げれば、親の注目を浴びたい、人と比べられることを避けたいという目的のためであるということです。

 

 

 

人の悩みのすべては対人関係

 

人間の悩みは、全てに対人関係の悩みであると書かれています。

この地球上に、自分以外の人間が、誰一人いなくなったら悩みはなくなるということです。

 

劣等コンプレックス優越コンプレックスという言葉で説明されています。

 

劣等コンプレックス

 

例えば、今お金で悩んでいるとします。

それは、人から「こう見られたい」」や「こう見せたい」という気持ちが働いて、それに対する劣等感で悩んでいるとなります。

つまり、人からの見られ方理想の自分とのギャップでの悩みなのです。

 

 

優越コンプレックス

 

あたかも自分が優れているように振る舞い、偽りの優越感に浸ることです。

 

例えば、学級のリーダーをあげます。

それは、それのよって自分を特別な存在に見せ、権威づけしているのです。

自分を「権威」と結び付け、特別な存在に見せています。

 

権威の力を借りて、自分を大きく見せているのは、他人からの目を気にして生きていることになると書かれています。

 

これも一種の劣等感だと感じました。

 

 

 

まとめ

 

はっきりと言うと、とても長く、太字等を少ないので読書初心者の私には、かなり読みにくく感じました。

ですが、内容は腑に落ちる部分も多くあり、新しい価値観と出会うことができました。

 

こちらの本は、「青年」と「哲人」の2人の対話形式で書かれています。

アドラー心理学を信仰する哲人とそれを否定する青年の対話がとても引き込まれていきます。

 

まだまだ「承認欲求」や「課題の分離」「共同体感覚」など新しい考えや価値観を吸収できる本です。

 

読むのに時間がかかりますが、現時点で238万部以上売れている本なので、一回読んでも間違いない一冊だとと思います。

 

 

お買い求めの際は

↓↓↓

 

 

この記事がよかったら読者登録お願いします!

アフィリエイト初心者にも読んでほしい本(書籍)おすすめのマーケティング本!

みなさんこんにちは!

子供たちが騒がしいので、車内でブログを書いている兄です!

車中泊もたまにするので意外と快適に過ごせますよー!笑

誰に向けて言っているのか分かりませんがスルーして下さい。笑

 

今回はアフィリエイト初心者にもおすすめの本を紹介します。

題名は

「ドリルを売るには穴を売れ」
という本です。

f:id:fusion2003:20191008235243j:image

作者は「佐藤義典さん」というマーケティング脳トレーナー MBA &中小企業診断士の方です。

マーケティング本やのになんでアフィリエイトしてる人に勧めるねん」

と怒られてしまいそうですが、僕個人の考えですがアフィリエイトって

商品やサービスの広告を掲載して、成果が出れば報酬って流れですよね。

商品やサービスを売るわけなのでマーケティング本も読んでおくべきと考えました!笑

 

本の内容ですが

 

序章       “マーケティング”脳を鍛える

第1章   あなたは何を売っているのか?

第2章   誰があなたの商品を買ってくれるのか?

第3章   あなたの商品でなければならない理由を作る

第4章   どのようにして価値を届けるか?

第5章   強い戦略は美しい

 

以上の内容で構成されてます。

 

マーケティングのマの字も知らない」僕がなぜこの本を読めたかというと

この本は各章の後半は前半の理論に基づいたストーリーになっているから

難しい用語が並んだ後でもすぐに短編小説のようなストーリーが始まるので

とても理解しやすくなってます。

僕が今まで読んだ本ではこのような執筆方法は初めてだってのですごく新鮮でした。

ある意味、この本のマーケティング戦略によってこの本を読んだとも言えます。笑

 

各章の後半のストーリーのあらすじ
広岡商事の新規企画室につとめて1ヶ月の新人「売多真子(うれた・まこ)」と企画室の室長「大久保博(おおくぼ・ひろし)」は突然社長室に呼び出されて、前任者が立ち上げたイタリアンレストランの再建を任される。期限は2ヶ月先のプレゼンだ。大久保はレストラン再建の指揮を売多に一任する。売多は人気コンサルタントのいとこ「売多勝(うれた・まさる)」やレストランのホールのマネージャー「上原希(うえはら・のぞみ)」などたくさんの人の協力を得ながらマーケティング脳を育てていく。プレゼンまで2ヶ月の期間で真子はマーケティングというものを理解していき実践していく。

 

かなりざっくりとしたあらすじですが、読めば読むほど読者もマーケティング脳が育って行くのがわかります。

僕自身もマーケティングなんてさっぱりわからなかったのですが各章の後半のストーリのお陰でちゃんと各章の内容が理解できた気がします。

アフィリエイターのみならず、物やサービスを売る仕事の方って多いと思います。

この本をよんでいると、当たり前のように生活していると、表面上の物しか見えなくなっているような感覚になりました。

普段の生活で毎日のように物を買ったりしていますが、実は自分が見えているところよりももっと深いところでマーケティング戦略が行われていると思うと、とても面白くなりました。

 

まとめ
この本は革命的な書き方だと感じました。

こんな執筆方法があるなら、ほかの本もしてほしいと感じるくらいにわかりやすかったです。

マーケティングに興味のある方はもちろん興味のない方も日常に潜んでいるマーケティング戦略を考えることで当たり前の生活にも考える楽しさが加わるのじゃないかなと思います。

余談ではありますが、実はこの本のストーリーには続編があるようです。

僕もまだ読んでないのですが

「売れる会社のすごい仕組み」
という本に続きのストーリーが書かれているようなのでバナーを貼っておきますので興味のある方は是非ご一緒に読んでください。

(僕も読み終わったらこのブログに掲載します)

 

購入はこちら

↓↓↓

 

「ELECOM EX-G」 仕事が楽しくなるマウス 

みなさんこんにちは!

 

大好きな阪神タイガースモギモギしながら応援している弟です!

 

モギモギ」ってなんやねんと思われた方もいるでしょう。

私もその一人です。

 

でも、「モギモギ」がぴったりな気持ち表現です笑

 

では今回は「モギモギ」しながら買ってしまった商品をご紹介します!

 

f:id:fusion2003:20191009225003j:image

 ※弟本人ではありません

 

ELECOM EX-G

 

というマウスです。

 

これは兄が先に買っていて、心なしか自慢されているように感じました。

おいらも、これが欲しい(;・∀・)」と思い電気屋さんへ

その電気屋さんでは、なかなか高級な方のマウスでしたが買っちゃいました笑

 

まんまと罠にはまってしまったのでしょうか・・・

兄は電気屋さんのスパイなのでしょうか・・・

 

ただ、このマウスめちゃめちゃイケてます!

 

 

特徴と感想

 

 

なんと言ってもこの形です!

 

f:id:fusion2003:20191009225018j:image

 

なんじゃこりゃとした形をしていますが、これは手の形状を意識して作られたそうです。

握りやすさ」を意識されています。

 

まぁ、初めは全然慣れません(;´∀`)

でも、慣れればこのしっくり感。

親指の安定感。これはすごいです笑

 

 

続いては、このボタンたち

 

f:id:fusion2003:20191009225031j:image

 

何に使うの??って思っていましたが、

ネットなどを使っていると、「一個進みたい」「一個戻りたい」ってなりますよね。

その時にこのボタンを押すと進んだり、戻ったりできるんです。

 

ちょっとした左上の矢印に作業がはぶけます笑

 

でもこのボタン結構使いますよ!

初めは、慣れずにマウスを動かしていましたが、

慣れればこればっかり使ってしまいます。

 

ちなみにですが、ネット以外にも「Dropbox」や「Outdook」でも使えました!(※弟調べ

 

 

そして、一番の衝撃だったのが、

 

マウスの反応の良さ!

 

場所を問わず、快適に使用できる「BlueLED」を搭載しているそうです。

確かに、大抵の机なら使えますし、動きも早いです!

 

以前使っていたマウスとは比べものにならないくらい動きが早いです!

(まぁ、だいぶ安物使ってたんですけどね笑)

 

 

まとめ

 

以前から使っていたマウスは安物でしたが、あまり気になっていませんでした。

マウスなんてどれも一緒

と思っていたせいなのか、初めて使った時の衝撃はすごかったです笑

 

そのおかげなのか、めちゃめちゃ仕事が楽しくなりました(使い始めだけかも)

小学生の時の「新しいノート」的な感じなのかな・・・

 

ただ一つ言えるのは、マウスなんてしょっちゅう変えるものじゃないので多少高くても買って正解でした。

 

最後に!

 

このマウスは「Mサイズ」と「Lサイズ」があります。

個人的な意見ですが、「Lサイズ」をおすすめします!

 

少し、持ち運びは不便になりますが、手の疲れ方が変わってきます

 

お買い求めの際は

↓↓↓

 

P.S. 兄はMサイズを使っています

 

 

 

この記事がよかったら読者登録お願いします!